美容皮膚科で二重整形を体験してみた

アイプチで二重になるが・・

アイプチで二重になるが・・ | 二重整形にチャレンジ! | キレイな二重ラインになって大満足!

子供の時から一重まぶたにコンプレックスがあり、少しでも魅力的な二重を手に入れたいと思って二重化粧品で無理やり二重のラインを作っていました。
しかしデリケートなまぶたにプッシャーで力を入れて押し込んでいたところ、まぶたに細かな小じわが付いてしまったことや、毎日二重化粧品を使う面倒から開放されたかったので、美容皮膚科に相談をして二重整形を体験してみることにしました。
整形手術を受ける前には必ずカウンセリングを受けることになるのですが、この時に医師から二重整形には埋没法と切開法の2種類があり、治療を受ける人のまぶたの状態によって適切な治療方法が異なってくると説明を受けました。
埋没法はまぶたを切らずに医療糸で留める方法で、切開をしないことから術後に肌が腫れてしまうダウンタイムが最小限で済む特徴を持っており、切開法はまぶたをしっかり切ることでくっきりときれいな二重を作ることが出来る方法です。
埋没法はまぶたが厚い人などは受けられないことがあると聞いていたので少し不安でしたが、診察をしてもらった結果切開法ではなく、埋没法でも綺麗に仕上がると医師にいわれたので、切開をしない埋没法を受けることにしました。
カウンセリング後はすぐに治療に入ることが可能で、実際に医療用糸を留めるまぶたの位置を細かく設定してから、まぶたの内側部分に数箇所縫い止めてラインを形成していきます。
切開をしないので出血や強い痛みなどを伴うことはないですが、目元の手術となるので眼をつぶることが出来ないので、先生が実際に施術を行っている状態を見ることになりかなり緊張しました。

二重整形二重まぶた